介護求人最前線

介護業界では、こんな資格があると好条件の求人が見つかる!

time 2017/12/18

介護業界では、こんな資格があると好条件の求人が見つかる!

介護業界で転職活動を行う場合、無資格よりも資格を取得しておく方がより待遇の良い求人が見つかります。介護業界は給料が少ないと思われがちですが、介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得しておくことで年収アップが可能になります。

介護福祉士の仕事

介護福祉士とは国家資格の一つです。医師の指導の元で一部の医療行為を必要に応じて行う能力があり自宅介護者に介護指導を行ったりします。有資格者に限定された求人も多いので取得しておいて損はありません。

ただし資格試験の受験には、介護現場での実務経験が必要とされているので、未経験で介護業界に入る場合はあらかじめ取得しておくということはできません。資格取得を支援してくれる事業者も多いので、在職中取得を検討しておきたい資格です。
国家資格のため難易度は高いですが、その分所持者が少ないので重宝され、好待遇が受けられます。

ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーも需要の高い資格です。各家庭での介護支援のプランを提案し、適切な介護保険等の支援が受けられるようにアドバイスを行い、家族からの相談も受けます。訪問介護の場でも需要が高い資格です。実務経験が必要になりますが、国家資格ではありません。そのため、難易度としては比較的簡単な方と言えるでしょう。

要介護認定業務や給付管理業務など事務能力が必要となる場面も多いです。特に正社員の求人では有資格者限定の求人が多く、すでに介護業界で働いている人は、資格を取得しておくと転職の際に選択肢が大きく広がります。資格手当としてボーナスが出るところも多いです。

栄養士、管理栄養士の仕事

栄養士資格を所持している場合、介護業界でも活躍することができます。老人ホーム、グループホーム、介護療養型医療施設等、施設を有した介護サービス事業者では、入居者に食事を提供するため必要な職員です。

入居者の栄養状態に応じて適切な栄養バランスの食事メニューを考案、提供することが求められます。

栄養士、管理栄養士共に国家資格で取得は容易ではありません。しかし他業種から未経験で介護業界に入る場合でも、資格を所持しておくことで好条件の求人が見つかるでしょう。栄養士養成施設で勉強し、資格の受験というコースで取得するため実務経験が不要なため、あらかじめ取得しておくと便利です。

看護師、准看護師や機能訓練指導員の資格について

看護師、作業療法士や言語聴覚士等の機能訓練指導員資格も介護業界では需要が高いです。看護師は入居者の日々の健康管理を行います。介護施設は病院ではないので、医師が常駐する施設は少ないです。緊急時に提携医師と連絡をとり、医師の指示の下に対処を行うのも看護師の役割です。

機能訓練指導員は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイケアサービス等の施設で、日常に必要な動作がスムーズに行えるよう機能回復をサポートします。

しかしこれら医療系の資格は養成施設での長期にわたる学習が必要であり、試験の難易度も高く一昼夜に取得できるものではありません。

また、これらの資格を取る人は医療業界を目指す人が多いでしょう。しかし、その分介護業界を選ぶ人が少なく競争率が低くなるメリットがあります。他にも専門職で日勤がメインとなり残業や夜勤が少ない、有資格者が少ないため好条件での転職が可能というメリットがあります。

ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパーは以前は2級、1級と存在していた資格ですが、介護職員初任者研修と実務者研修となっています。これまでは介護の上級資格取得には様々な道があり複雑でしたが、介護職員実務者研修を受けた後に介護福祉士の資格取得へと進むよう道が一本化され、キャリアパスがシンプルになり上位資格を目指しやすくなっています。

介護職員初任者研修は介護の基礎知識の学習で、訪問介護の現場で役立てることができます。修了評価には筆記テスト合格の必要がありますが、合格ラインもそこまで厳しくなく費用の負担も少ないため、介護業界に未経験で入るという場合は受けておくことでスムーズにキャリアアップが目指せます。これまでにホームヘルパー資格の2級・1級を取得していた人も、介護職員初任者研修と実務者研修修了の同等資格として扱われるため重ねて研修を受ける必要はありません。

資格を手にして年収アップ

巷では介護業界は重労働で低収入だと言われていますが、資格を取得し好待遇の求人を見つけ正社員として採用されることで年収アップが可能です。取得者の少ない国家資格があると特に有利ですが、取得の容易なケアマネージャーやホームヘルパー(介護職員実務者研修)からまずは始めてみても良いでしょう。有資格者に限定された好待遇の求人や資格手当がつくところも多く、勤務開始後の昇給が期待できます。正社員が目指しやすくなるため、収入を増やすことが可能です。

介護は高齢化社会が進む現代になくてはならない職業です。正社員として長く勤務できる人材、高い介護の知識を持った人材を多くの介護事業者が求めています。実務経験がない場合はまずはアルバイトや派遣等の非正規勤務で経験を積むところから始めてもかまいません。

勉強する環境を整えられたら難しい資格も目指してみましょう。