介護求人最前線

介護業界の求人の動向と転職をする意義

time 2017/12/18

介護業界の求人の動向と転職をする意義

介護業界ではしばしば転職を決意する人がいます。業界外からの人の流入もありますが、業界内での転職も増えてきました。このような状況が生まれているのは介護業界での求人の動向から判断するとメリットがあるからだとわかります。

手厚い待遇の求人が増える介護業界

介護業界ではどのような状況からの転職者に対しても手厚い待遇を与えることが増えてきました。業界外からも業界内からも転職をする人が増えている大きな理由であり、どのようなキャリアを持っている人も自分に適した待遇の求人を見つけられるようになってきています。

基本的にはキャリアを求めず、職場側で行う研修によって現場で働けるようにしてもらえるのが一般的です。それに加えて介護業界でキャリアアップをしていきたいという人には資格を取得するための支援制度を設けていることも多くなりました。休みを取れたり資金面での援助をしてもらえたりするなど、メリットの多い待遇を提供する傾向が強くなっているのが現状です。

福利厚生についても充実してきていて、女性が活躍している現場が多いことから出産や育児、家事に関するサポート体制が整っている現場が多くなっています。

ニーズの変化による求人の動向

介護業界では求人の動向にも変化が生まれてきました。当初は有料老人ホームや養護老人ホームからの募集が一般的でしたが、多様なサービスを提供する介護施設が各地に林立するようになって利用者も適切なサービスを選ぶようになってきたからです。ニーズが高まってきているのが訪問介護やショートステイであり、特に自宅介護を行って欲しいという声が大きくなっていることから訪問介護の担い手は重宝されるようになっています。

訪問介護には現場経験が必要になりやすいため、求人も細かく区分を行う傾向が強まってきました。入浴介助などの簡単な仕事だけを担う訪問介護の募集と介護全般を仕事とするベテラン向けの求人とを分けて行うようになってきているのです。

依然として多い未経験者と無資格者の募集

全般的に見ると介護業界では人材が不足している傾向があるため、依然として未経験者や無資格者の募集が多くなってます。

訪問介護で仕事内容によって分けた求人を行う方向性が選ばれているのと同様に、経験のない人向けの求人、資格はないけれど現場経験がある人向けの求人といった形で介護施設側が適材を獲得できるように工夫をする傾向も強まっています。本音としては有資格者で経験者だけを集めたいというのが事実ですが、それでは未だに人材不足を補えない状況があり、現場で教育や研修を行って戦力として育て上げていくという方針が選ばれています。そのため、業界外からの転職もしやすい状況にあるのが介護業界の特徴です。

経験者のキャリアアップも可能

経験も資格もない人を集めて人材不足を補おうという傾向がある一方で、有能な経験者を集めたいという気持ちも強いのは確かです。そのため、経験者や有資格者はキャリアアップの転職を行いやすくなっているのも介護業界の特色と言えます。少し勤続年数が増えて介護福祉士などの資格も持っているという状況になると引く手あまたになり、高い給料で採用してもらうことができるのです。

管理職としての採用を目指す求人も散見されるようになっているため、キャリアを生かして管理的な仕事に従事できるようになりたいと考えたり、高い給料で働くことを希望したりしている人にも転職をする意義があります。

介護施設間のサービス競争が激しくなってきている影響により有能な人材の確保に力を注いでいる施設が増えてきているため、高い待遇で働きたいという人にとって転職するメリットが大きくなってきているのが現状です。

地域を問わずに多い介護の求人

介護業界における求人のもう一つの特徴として地域性が低いことが挙げられます。業界や職種によっては働ける地域が都市部などに限られてしまうことがよくありますが、介護の仕事については全国に分布していてどの地域でも需要があるのが特徴です。

介護を必要としている人たちはどの地域にも住んでいて、近隣の施設でサービスを受けられることを望んでいることから都市部に施設が集中してしまうということがありません。そのため、引っ越しが必要になったようなときにも新しい地域で簡単に仕事を見つけることができます。あるいはより良い待遇の仕事を求めて全国規模で求人を探すことも可能であり、多様な候補の中から最適なものを選び出せるようになっているのが介護業界です。

転職を活用しやすい介護業界の現状

介護業界では求人が豊富にあり、業界外から転職したいという未経験者も業界内でキャリアアップを目指したい経験者も魅力的な求人が見つけられるようになっています。特に待遇面で様々なニーズに応えられるように研修制度や福利厚生なども充実させる傾向が強くなってきました。

ニーズの変化によって経験が豊富な人材を求める傾向も強まり、訪問介護などのように経験が重視される現場では高い待遇で経験者が採用されています。転職を活用することで待遇的にも地域的にも自由に望みを叶えられる状況が生まれてきているのが介護業界の現状です。