Archive for 2014年10月28日

プリザーブドフラワーだけの魅力をもっと知りたい

プリザーブドフラワーは創意工夫の末生まれてから様々な用途で用いられてきました。
その生花のようなみずみずしさを長期間楽しめるという特性を生かして贈り物に選ばれたり、イベントで飾られることも多いですし、さらに生花ではありえない色を花に染めることが可能になっているため、それを利用したアレンジを施して芸術品のような楽しみ方をすることも可能です。
その誕生はまだまだ最近で、25年ほど前にイタリアで生まれました。最初は葉のほうだけで、花を保存し始めたのはフランスなのですよ。


<プリザーブドフラワーは何種類存在するの?>

葉の種類が多いですが、全体で二百数十種類と言われています。年々増えているとはいえ、そのうち作られる花の種類は数種類です。
しかし贈り物などで利用するバラや母の日で使うカーネーションなども含まれているため、贈り物としての需要を損なうことはありません。


<主な利用先は?>

やはり主にはプレゼント用だといえます。その時の用途やお相手によって花を変えることが可能なプリザーブドフラワーは贈り物としての需要がとても高いです。イギリスでは高級な贈り物として重宝されているんですよ。
また、空港でもおいているところがありますが、そのみずみずしさから生花だと思われているとか。