プリザーブドフラワーにも資格があるって知ってた?

フラワーアレンジメントの資格を持っている方は、自分で花束を作れますしお花の知識も豊富ですよね。
近年ではプリザーブドフラワーという特殊なお花が多く出回るようになってきたことで、そちらの資格も取得できるようになっています。ディプロマ資格・プリセルジュ検定・プリザーブドフラワー全国協議会技能検定があります。これらの資格や検定を持っておくことで、仕事に繋げることが出来ますし、趣味をさらに充実させることが可能です。「ぜひ、資格を取りたい」と思った方も居るでしょうが、独学するとなれば時間もかかりますし、どのような分野についての知識を身につければ良いのか分からなくて悩んでしまいます。
しかし、現在では検定や資格を取得するために教えてくれる施設があります。そのうちの一つであるのが日本プリザーブドフラワー協会です。こちらでは、お花の基礎知識などからしっかり学べる環境づくりがされています。ですから、全く知識のない方でも理解を深めることが可能です。


<プリザーブドフラワーについて学べる施設がある>

資格や検定に合格するためにサポートしてくれる施設を上記で少しだけ紹介しました。
日本プリザーブドフラワー協会では、様々なクラスを用意していますので自分の目的に合わせてコースを選択できます。ディプロマ資格取得を考えている方でしたら、「ディプロマ取得クラス」を選ぶのが良いです。受講料が220,000円となっているので少々高額に感じる方も居るかもしれませんが、確実に資格を取得したいのであれば受講した方が無難です。基礎的なことから応用的な技術やセンスを身に付けられるので、始めの頃より大きく成長できます。教室も多くの地域に展開していますから、自宅から近い教室に通う事が可能です。


<色々な作品を作っていこう>

資格を取得することが出来たら、仕事に役立てるのも良いですし趣味を充実させるのも良いです。
プリザーブドフラワー制作の技術を向上させていくためには、より多くの作品を制作するのが良いでしょう。作品を制作していくことで自分のスキルをアップさせて、心や発想を豊かに変えていくことで今まで感じなかったことに気付くことが出来ることもあります。店で売られている商品のような出来に達すれば一人前。
プリザーブドフラワーの教室を開きたいと考えている方は、日本プリザーブドフラワー協会の公式ホームページに目を通してみてはいかがでしょうか。条件を満たすことで自分の教室を開くことも可能となっているので、プロを目指したい方もぜひチェックしてみて下さい。

Comments are closed.