プリザーブドフラワーは贈り物に人気

プリザーブドフラワーは、その特性から贈り物に大人気です。
行事や記念日、お祝い事に共通することといえば、「お花」だと考えていらっしゃる方は多いでしょう。
特に、花束を手渡すというのは最高のお祝いの仕方だと思います。
しかし、生花は扱いが難しいものです。
その弱点を克服したのがプリザーブドフラワーといえます。


<生花の弱点を克服したプリザーブドフラワー>

プリザーブドフラワーは、生花とは違ってすぐには枯れません。
生花を贈り物として選ぶ時は、「花屋さんに予約して当日に受け取らないといけない」、「アレルギーがある」などの手間がかかります。
しかし、プリザーブドフラワーなら長期間保存が出来るので、何日も前から準備しておくことが出来ます。
さらに、花粉や香りがないのでいちいち気にしながら選ぶという手間がなくなるのです。


<通販なら花屋さんに行く必要がない>

花屋さんに直接行かなくても、プリザーブドフラワーはネットショッピングで手に入ります。
そのため、記念日の当日に予定が狂ってしまっても大丈夫です。
すぐに萎れてしまうこともないので、事前に用意しておくことで慌てずに贈ることが出来ます。
贈り物に悩んでいらっしゃるのであれば、この機会に通販で手に入れてみてはどうでしょうか。

<おすすめサイト>
プリザーブドフラワー通販(プリザーブドフラワーの通販店や商品のランキング&検索サイト)

プリザーブドフラワーにも資格があるって知ってた?

フラワーアレンジメントの資格を持っている方は、自分で花束を作れますしお花の知識も豊富ですよね。
近年ではプリザーブドフラワーという特殊なお花が多く出回るようになってきたことで、そちらの資格も取得できるようになっています。ディプロマ資格・プリセルジュ検定・プリザーブドフラワー全国協議会技能検定があります。これらの資格や検定を持っておくことで、仕事に繋げることが出来ますし、趣味をさらに充実させることが可能です。「ぜひ、資格を取りたい」と思った方も居るでしょうが、独学するとなれば時間もかかりますし、どのような分野についての知識を身につければ良いのか分からなくて悩んでしまいます。
しかし、現在では検定や資格を取得するために教えてくれる施設があります。そのうちの一つであるのが日本プリザーブドフラワー協会です。こちらでは、お花の基礎知識などからしっかり学べる環境づくりがされています。ですから、全く知識のない方でも理解を深めることが可能です。


<プリザーブドフラワーについて学べる施設がある>

資格や検定に合格するためにサポートしてくれる施設を上記で少しだけ紹介しました。
日本プリザーブドフラワー協会では、様々なクラスを用意していますので自分の目的に合わせてコースを選択できます。ディプロマ資格取得を考えている方でしたら、「ディプロマ取得クラス」を選ぶのが良いです。受講料が220,000円となっているので少々高額に感じる方も居るかもしれませんが、確実に資格を取得したいのであれば受講した方が無難です。基礎的なことから応用的な技術やセンスを身に付けられるので、始めの頃より大きく成長できます。教室も多くの地域に展開していますから、自宅から近い教室に通う事が可能です。


<色々な作品を作っていこう>

資格を取得することが出来たら、仕事に役立てるのも良いですし趣味を充実させるのも良いです。
プリザーブドフラワー制作の技術を向上させていくためには、より多くの作品を制作するのが良いでしょう。作品を制作していくことで自分のスキルをアップさせて、心や発想を豊かに変えていくことで今まで感じなかったことに気付くことが出来ることもあります。店で売られている商品のような出来に達すれば一人前。
プリザーブドフラワーの教室を開きたいと考えている方は、日本プリザーブドフラワー協会の公式ホームページに目を通してみてはいかがでしょうか。条件を満たすことで自分の教室を開くことも可能となっているので、プロを目指したい方もぜひチェックしてみて下さい。

プリザーブドフラワーだけの魅力をもっと知りたい

プリザーブドフラワーは創意工夫の末生まれてから様々な用途で用いられてきました。
その生花のようなみずみずしさを長期間楽しめるという特性を生かして贈り物に選ばれたり、イベントで飾られることも多いですし、さらに生花ではありえない色を花に染めることが可能になっているため、それを利用したアレンジを施して芸術品のような楽しみ方をすることも可能です。
その誕生はまだまだ最近で、25年ほど前にイタリアで生まれました。最初は葉のほうだけで、花を保存し始めたのはフランスなのですよ。


<プリザーブドフラワーは何種類存在するの?>

葉の種類が多いですが、全体で二百数十種類と言われています。年々増えているとはいえ、そのうち作られる花の種類は数種類です。
しかし贈り物などで利用するバラや母の日で使うカーネーションなども含まれているため、贈り物としての需要を損なうことはありません。


<主な利用先は?>

やはり主にはプレゼント用だといえます。その時の用途やお相手によって花を変えることが可能なプリザーブドフラワーは贈り物としての需要がとても高いです。イギリスでは高級な贈り物として重宝されているんですよ。
また、空港でもおいているところがありますが、そのみずみずしさから生花だと思われているとか。

プリザーブドフラワーの「持ち」は?

プリザーブドフラワーはドライフラワーの一種となりますが、ドライフラワーの欠点を克服していることもあり、さらに長持ちへの工夫がされています。
また風合いも生花に近いものとなっていますので、プリザーブドフラワー技術は瞬く間に世界に広まって、ファンを増やしました。
しかしウイークポイントとしては湿気に弱いという点であり、そのコントロールによって寿命も変わります。
大体の寿命というのはどのくらいと考えたら良いのでしょうか。


<プリザーブドフラワーの寿命>

生花に比べてかなり長期間楽しむことが出来るプリザーブドフラワーですが、永久ということではありません。
やはり時間経過とともに色あせや色移り、破損やカビなども出てきます。
湿気から守ることでかなり寿命は伸びます。
乾燥しているヨーロッパであれば、日本に比べて長時間保つことができます。
特に発祥の地であるフランスでは、6年から10年は状態を保つことができるとされています。
日本はその点湿気が多い地域ですので、ガラスケースなど入れるなどの管理を行えば、2年から3年は持たせることが出来ています。
特に梅雨時期の湿気のコントロールは大切で、これを怠ると1年も持たないということがあります。

プリザーブドフラワーはどんなイベントに便利?

イベント用に購入することが多いプリザーブドフラワーですが、どういった行事に使うべきでしょうか。一般的には冠婚葬祭であればどういったときでも使用することができます。今回は、どのようなイベントで利用できるか、ここで紹介をしていきましょう。


<結婚式はもちろん、誕生日祝いまで>

お花を用いて相手を祝う行事はたくさんあります。もっともポピュラーなのが誕生日でしょう。誕生日に、保存が効く長期間飾れて手入れも少なくて済むプリザーブドフラワーを送れば相手も大助かりでしょう。また、結婚式でも贈呈用の花に用いることもできますし、ウェディングブーケットにも用いることができますから、結婚式でも十分活躍できます。新装開店祝いや入学式・卒業式などでも十分利用できるとみていいでしょう。


<葬式やお供え物にも>

当然、お葬式やお供え物など故人の冥福を祈ったり、お悔やみの場でもプリザーブドフラワーは最適です。この場合、選択するべきお花にも注意すべきでしょう。結婚式やお誕生日などのお祝い事はもちろん、そしてお悔やみの場でもプリザーブドフラワーは最適です。お手入れも要りませんし、保存状態も良い物を送れるのです。生花かプリザーブドフラワーかじっくり考えて贈りましょう。

プリザーブドフラワーなら、お洒落なお部屋が作れます

ホテルのロビーやショプのディスプレイが美しいなと思われる方は多いと思います。その美しいディスプレイには、プリザーブドフラワーを使って装飾しているのをよく見かけます。その美しさは、生花と間違えるほどなのにいつまでも美しいっていいですよね。自分の部屋もこんな風にプリザーブドフラワーを使って装飾することができたら素敵ですね。


<ホテルのロビーみたいな部屋が作れる>

ホテルや展示場やショップの装飾はとても綺麗で憧れます。そのディスプレイによく使われているのがプリザーブドフラワーです。いつまでもかわらない美しさを楽しめる花として広く使われているものです。自分の部屋がショップやホテルのようにお洒落に装飾出来たら素敵ですよね。プリザーブドフラワーはそんな思いをかなえてくれるものです。大きさや形は様々で花瓶を使って作られたものや、額縁に入れて絵画のように飾れるものまで、季節に関係なく好きな花を楽しむことができる。また玄関などに置けばお客様を美しい花が出迎えてくれて、素敵な家なんだなと思われること間違いないです。お部屋をお洒落にしたいけど、どうしていいかわからない方にも、一つ置くだけでお部屋の雰囲気がかわります。

プリザーブドフラワーの保管の仕方について

プリザーブドフラワーは、いつまでも保つことが出来るお花です。
お手入れの方法も比較的に難しくないので、どなたでも扱う事が出来るかと思います。
一番気を付けていただきたいのが、お水ですので与えたり濡らしてしまったりしないようにして下さいね。
お水を与えてしまいますと脱色に繋がってしまいますので、絶対に避けるようにしていただければと思います。


<プリザーブドフラワーについたホコリは?>

プリザーブドフラワーをケースから出して飾っている方は、やっぱりホコリが付いて気になりますよね。
だからといって素手でホコリを払ってしまったり、ハンカチなどで振り払ってしまうのは良くないとされています。
一番良いのは、柔らかい素材のタオルなどで軽く払ってあげることみたいです。
素手で振り払ってしまいますと、お花が傷んだりしてしまいますので避けるようにして下さいね。


<ずっときれいなままなの?>

プリザーブドフラワーはずっと美しいまま保つことが出来ますか?という質問を見かけたりしますが、美しいまま保つことが出来るのは2~3年だと言われています。
その後、少しずつ色が変化してきますがお花自体は約10年保つことが出来るみたいですのでおすすめです。
香りや花粉もありませんので、花粉症の方でも安心してご自宅に飾ったりすることができます。

プリザーブドフラワーの人気の秘密について

プリザーブドフラワーが今とても人気ですが、その人気の理由とは一体何なのでしょうか?
それは特殊な加工がされていますので、枯れにくく長く保つようになっているのが理由だと思います。
永年保つことのできるお花ですので、いつまでも綺麗なまま保ち飾ることが出来ます。
香りや花粉もありませんから花粉症をお持ちの方でも、安心して楽しむことが出来て嬉しいことだと思いますし、管理の仕方も簡単ですので良いかと思います。


プリザーブドフラワーの管理の仕方について

プリザーブドフラワーの管理の仕方は、お水を与えてはいけないことが最大のポイントですね・・・お水を与えてしまいますと脱色してしまうらしいのです。
ですから、キッチン周りなどの水気のある場所には置かない方が良いとされています。
また、湿気にも弱いので湿気があるところにも置かない方が良いかと思いますよ。
忘れてはいけないのは生花と同じよう丁寧に扱ってあげる事です。


ホコリなどがついてしまったら?

プリザーブドフラワーを飾っているとホコリなどがついてしまう時がありますよね。
そんな時は手で取ってしまうなどしないようにして下さいね、それをしてしまいますとお花が傷んで長く保つことが出来なくなってしまうみたいですので・・・。
柔らかい素材のタオルなどで軽くとってあげるのが良いみたいですよ。
プリザーブドフラワーはデリケートなものですので、出来るだけ丁寧にそっとホコリを摂ってあげるようにして下さいね。
一番良いのは透明ケースの中へ入れておかれることなのだそうですよ。
そちらの方が長持ちすると言われているみたいです。

プリザーブドフラワーに香りを付けたい

プリザーブドフラワーは生花よりも長持ちし、保存状態によっては3年以上飾ることができるそうです。特殊な液体で加工していることから、色や質感は本物の花かと見間違うほどですが、プリザーブドフラワーが再現できないものがあります。それが香りです。


プリザーブドフラワーに好きな香りを

プリザーブドフラワーはお花そのものから花粉なども取り除いて、人工的に加工してしまっているので、生花特有のフレッシュな香りを楽しむことはできません。しかし、アロマオイルやポプリなどを活用して、香りを持たせることは不可能ではありません。工夫次第で、オリジナルの芳香剤のような役割を果たしてくれるのです。


お花に直接かけないで!

プリザーブドフラワーの最大の敵は湿気です。色を後から染めているので、色移りや、変色の原因になってしまいます。そこでおすすめなのは、ポプリやロマオイルをしみこませたコットンなどを、花の中に隠すという方法です。なるべく香りが持続するもののほうが利便性は高いと言われています。直接オイルなどがつかない工夫をしてあげれば、好きな香りを、好きなお花で楽しむことができるのです。コットンなどで利用する場合は乾いた綿の袋などに入れるとお花に直接つく可能性を下げられるかもしれませんね。

プリザーブドフラワーの花がかけてしまったら?

プリザーブドフラワーは長期間枯れることがなく、生花よりも手入れにかかる時間も短いということから、人気が高いそうです。花弁に含まれる樹液を抜き取り、染色を行うことで、生花のような感触、質感をそのままに長持ちするお花をつくることができます。


プリザーブドフラワーの花が欠けてしまった

プリザーブドフラワーの花弁は非常デリケートにできています。少しの衝撃で花弁が欠けてしまう、長期間飾っていたことにより、花弁が割れてしまうということもあります。欠けたまま飾っておくのもさみしいものですから、こんなときは慎重に花弁の欠けた部分の補修をしてみてはいかがでしょうか?プリザーブドフラワーは一度ばらしたお花を組みなおしたものです。そのため、花弁などは糊でくっついています。


小さなはさみで少しずつ

プリザーブドフラワーの花弁は触ればわかりますが、生花とほぼ変わりのない薄さ、柔らかさです。そのため作業は慎重に行いましょう。まず破けてしまった、欠けてしまった部分を中心に60度くらいの切込みを小さくいれましょう。その後、切込みを中心にハートを作るように丸く落としてみてください。切り過ぎないように、ちょっと足りないくらいで止めておくことが大切です。

プリザーブドフラワーを楽しんでみよう!

プリザーブドフラワーはご自分で作ることが出来ますが、中には最初から作るのなんて難しいのではないか、と不安な方もいらっしゃるかと思います。
そんな方には花材を購入されて作ってみるのが良いかと思います。
もともと出来ている物を購入されるのも全然かまいませんが、ご自分で作ることが出来るのなら作ってみたいと思いませんか?
花材を扱っているお店も少しずつ増えてきましたので、色々ご覧になってからお決めになることをおすすめします。


たった一つのプリザーブドフラワーを!

せっかくですから世界にたった一つだけのプリザーブドフラワーを作ってみたいですよね。
そこで大事になってくるのがお花だけではなくて入れ物だと思います。
きれいなお花を何に入れて飾るのかがまた大きなポイントだと思うんですよね。
個人的にお勧めしたいのがケーキの形をした入れ物なんです。
白いケーキの形をした入れ物で、中にくぼみが出来ていてその中にお花を入れられるようになっています。
まるでフラワーケーキのようでかわいらしく上品で素敵だと思います。


色々集めることが出来る

透明ボックスや入れ物、細かいものまで一つ一つ選ぶことが出来ますので、本当に売り物のようなプリザーブドフラワーを作ることができます。
まるでお花屋さんになったような気分が味わえるかと思います。
ご自分の好きなように作ることが出来ますので、ご友人のお祝い事などには非常に最適だと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?

プリザーブドフラワーは贈り物に最適

皆さんは贈り物をされる時には何を贈られていますでしょうか?
お花を贈られている方もいらっしゃるかと思いますが、生花ですと世話をするのも大変ですよね。
うまく育てたり保ちたくてもなかなか出来ないという方もいらっしゃるかと思います。
そんな時にプリザーブドフラワーがおすすめなのです。
プリザーブドフラワーは永年保つことのできる枯れにくいお花ですので、贈られた方もきっと喜ばれるかと思います。
お水を与えなくて良いことになっていますので、管理するのも楽で良いですね。


プリザーブドフラワーは安心して飾れます

プリザーブドフラワーには香りもありませんし、花粉などもありませんので花粉症の方やその他のアレルギーを持っている方でも安心してお部屋に飾ることが出来ますので、非常に良いのではないかと思います。
花粉症などのアレルギーを持っていて、でもお花の好きな方は諦めていたかと思います。
ですがプリザーブドフラワーでしたらそのような心配がないので安心して楽しむことが出来て良いかと思います。


どれくらい長く持つのか知りたい

プリザーブドフラワーは美しいままで2~3年保つことが出来ると言われています。
それってとてもすごいことだと思いませんか?
少しずつ色が変化してきますが長いと10年ほど保つことが出来るみたいです。
次第に色が変わってくるのを楽しまれるのもおすすめです。
お花でこんなに長く保つことが出来るなんて素敵ですよね。
気になる方は実際にネットなどでご覧になってみて下さればと思います。
生花にはない色のお花もありますので、見ているだけでも楽しいかと思いますよ。