介護求人最前線

転職を成功させるための介護求人の探し方

転職を成功させるための介護求人の探し方

将来性・安定性を見込むことができる介護業界への転職希望者は年々増えています。同じ業界内からはもちろん他業界からの参入も増えてきていますが、介護職の求人情報はどこで探せば良いのでしょうか。転職を成功させるための介護求人の探し方をご紹介します。

まずは現状を把握しよう!

介護業界に転職を希望している人は、まずは自分の現状について把握しておく必要があります。まず、同じ介護業界で働いてきた人の場合、どのような介護資格を取得していて、これまでどのような介護の現場で働いてきたのかを整理しましょう。それをある程度把握できたら、今後どのような介護の現場で働きたいのか、希望の仕事内容や勤務形態を決める必要があります。

高齢者に身体介護など直接介護サービスを提供したい人は、ADLが自立しておらず、手厚い介護が必要な高齢者が多く利用する介護施設での勤務を検討すると良いでしょう。また、夜勤勤務をして生活のリズムが崩れることを避けたい人は、高齢者が日帰りで利用するデイサービスでの勤務を検討してみてはいかがでしょうか。介護福祉士資格を取得している人の場合、訪問介護事業所のサービス責任者になることも可能です。訪問介護事業所ではサービス責任者を設定することが必須ですので、求人情報も多く出ていると考えられます。

訪問介護事業所で訪問介護士としての勤務を希望する場合は、介護資格の取得が必須になります。介護資格無資格者は勤務できませんので注意しておきましょう。

他業界から転職するには

介護業界未経験の人が他業界から転職を希望するケースも増えています。介護業界は重労働・低賃金ということで有名ですが、転職希望者の多くは社会貢献できることや高齢化が進む日本社会で必要とされることに喜びを感じています。

さて、このような他業界から介護業界への転職を希望する人は、必ず介護資格を取得しておかなければ介護の現場で働くことはできないのでしょうか。まず当然のことながら、介護業界への転職の際に介護資格を取得しておくと、面接や採用で有利になることは事実です。時間的・経済的に余裕がある人は基本的な介護資格である介護職員初任者研修資格の取得を目指しましょう。一方、介護資格無資格者の転職ですが、介護の資格の中には介護資格を持っていなくてもできる仕事もあります。介護施設や事業所の清掃業務や、高齢者の個室の掃除、洗濯など、このような雑務全般は介護資格を持っていなくても従事できます。また、看護師や准看護師、管理栄養士など、介護資格以外の資格を活かして介護の現場で活躍することもできます。

介護資格と資格取得支援

介護求人を詳しく見てみると、介護資格無資格者や介護の現場未経験者の人でも採用を行っている場合があります。もちろんこれらの職場では介護資格が必要な身体介護サービスの提供はできませんが、介護施設や事業所によっては資格取得支援などのシステムを導入しているかもしれません。介護資格無資格者の人で介護業界への転職を考えている人は、ぜひこのようなシステムを利用しましょう。

介護資格の資格取得支援とは、介護施設や事業所が資格取得費用の全額、または一部を負担してくれるというものです。さらに、介護資格を取得するための研修や講座を受けるため、シフトの調整を優先的に行ってくれることもあります。このようなシステムを利用することで、これから介護業界で頑張っていきたいという人も働きながら介護資格の取得が目指せるのです。

介護求人はどこで探す?!

介護求人の情報を探す時に、まず最初に利用したいのが各自治体のハローワークです。ハローワークが取り扱っている求人案件数は日本最大規模になりますので、転職者の希望に沿ったものを見つけられる可能性が上がります。また、ハローワークの場合、大量の求人情報の中から担当スタッフが希望条件に近いものを一緒に探してくれます。

次に、ハローワークと共に活用したいのが、インターネットの介護求人検索サイトです。介護求人検索サイトの取扱件数もかなりの数になり、さらに各介護施設や事業所のホームページを閲覧することで、職場の雰囲気をより感じ取りやすくなります。情報量が多いので個人の力だけで希望条件に近いものを探すのはかなりの労力が必要ですが、自分の好きな時間に好きな場所で求人情報を検索できるという点もインターネットを利用した転職活動のメリットと言えます。

今後も介護業界への転職者は増えるでしょう

今後も日本社会の高齢化はさらに進むと予想されています。それに伴い介護業界への注目度は上がり、転職希望者はますます増えることになるでしょう。少しずつですが、介護業界の給与面の待遇も改善されてきており、各介護施設や事業所も退職者をこれ以上増やさないように努めています。退職者が減少すれば現場スタッフ一人一人にかかる負担も減ることになります。こうして少しずつ介護の現場の働きやすい環境づくりも進んでいるのです。

介護の仕事は無資格者の状態からでも始めることができる、比較的参入しやすい仕事です。一方、キャリアアップも可能な職種ですので、仕事の将来性も感じやすいのではないでしょうか。